カリフォルニア日記

gojonara.exblog.jp

アメリカ人の夫と私そして、娘と3人で北カリフォルニアに暮らしています。 最近手に入れたデジタル一眼レフ、Canon Kissx5 で写真修行中です♪

ブログトップ

カテゴリ:本( 14 )

心がほんわかする本

今週読んだ本の1冊。
石田衣良「5年3組リョウタ組」
これも以前から持っていて、時々読み返したくなる本です。

 主人公は「何となく」小学校の先生になっちゃった、茶髪にドクロのネックレスと海外ブランドのジャージに身を包んだ20代男性。
 脇を固めるのが愛車がBMW、おしゃれにジャケットとぱりっと着こなし、何時もクール。上司(?)にも父兄にも受けの良い染谷先生。
 他の登場人物も個性的。 養護施設での先生のキャラもとてもイキイキしているし魅力的。 
職員室のイジメの話もあって、本当にありそうで怖かったです!

  学校で起こりそうな事件が色々起こって、ドキドキ。だけどその事件1つ1つに悩みながら解決すべく奮闘するリョウタ先生と染谷先生。 
  
  リョウタ先生と染谷先生の会話で「昨日出来なかった事が今日出来るようになる子供達の成長」の話なんかがあって、これらも友人が話してくれた事と重なったり。

  日本の先生、「ありがとう!頑張って!」と応援したくなるお話。
読み終わった後は、前向きになれる、希望が持てる、そんな気分になる一冊です。






     ランキング参加しています。 クリックお願いしま~す♪
                  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



                にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by shiningstar-t | 2013-03-24 13:31 |

読み出したら眠れない

読書好きの方はそんな事もしょっちゅうでしょう?
私も面白い本に出会うとついつい気がついたら朝の4時! 何て事もしばしば。
今日読み終わった本もそんな本でした。

 浅田次郎「プリズンホテル」夏・秋・冬・春の4巻。
この本は前から持っていて読むのは3度目。 お気に入りの本です。
親子愛、仲間を思う心、笑あり、涙あり。 軽〜いタッチで読みやすく毎回巻末には涙を誘われます。
ドラマにもなったようですが、自分の中で出来上がってるイメージが壊れないように、本で読むだけにしておいた方が良いんじゃないかな〜と思うほど肩入れしちゃうほどのお気に入り。

あ〜、わたしもこのホテルに泊りたい! 温泉に入って、板前さんやシェフの作った絶品料理を食べたいわ〜!


  読まれてない方はには、是非お勧めです!





     ランキング参加しています。 クリックお願いしま~す♪
                  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



                にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by shiningstar-t | 2013-03-04 14:03 |

8月の本

d0118552_9261963.jpg 今月の英語本はリンダ・ハワードの「Veil of Night」  実は今月は何かと忙しかったしちっと中だるみ気味で、「カメラの説明書を読んだから~」と説明書でお茶お濁そうとしていた私。 だけど、公園でお友達達が「偉いね~、毎月頑張ってるね~」なんて褒めてくれたりした者だから、今月もズルなしで読みました。 
やはり目標声明した甲斐がありました。 持つべきものはやはり友達ですね!


 





     ランキング参加しています。 クリックお願いしま~す♪
             にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by shiningstar-t | 2011-08-27 09:18 |

7月の英語の本

d0118552_7162781.jpg 今月の本はアイリス・ジョハンセン。 図書館で借りて読みました。 劇作家と歌手であり女優である女性のロマンス小説で読みやすかったけれど、他のこの作者の作品のように、もう少しサスペンスとかも含まれてる方が楽しかったかな~。 私には少し物足らない内容でした。 3日で読めました~。
 やはり、ロマンスは読みやすいけれどエンターテイメント面では私向きではないのね~。 

今月のノルマ、早くもクリアー。 もう1冊行っとくか?! 今度はドキドキするようなのが読みたいな~。(でもホラーはいや!!)
[PR]
by shiningstar-t | 2011-07-08 07:19 |

6月の英語本

さてさて、今月は少~しだけ早めにノルマ達成です。
今回読んだ本は「Start Living, Start Losing」
d0118552_14573922.jpg 減量に成功した人達のエピソード集でほとんどの人が100キロもしくはそれ以上の体重から健康体重になるというものでした。 私の場合はそこまで落とす必要もないのですが、自分が「健康であるための生活見直し&継続」をこれからのテーマとしているので、大変励みになる内容でした。


食べたいものを我慢する、空腹を我慢する、なんて苦痛は絶対続けられない私は、無理せずほどほどにがちょうど良い。 アイスクリームを食べたいときは食べる量と時間に気をつける。 大好きなチップスもたまには食べるけれど、食べる量を決めてそれ以上は食べない。
お友達とお酒を飲みながら楽しい時間を過ごす計画がある前後は、食べ物や飲み物を気をつける。 
楽しいことは諦めないけど、口にするものはほどほどに。

ほとんどの人がやはり野菜を中心にした食事に変えたことと、量についてのことを書いて居られました。
やはり、「腹八分目」は大事です!
[PR]
by shiningstar-t | 2011-06-28 15:10 |

5月の本

d0118552_14263853.jpg
 毎月ここで報告することで今年の目標である月1英語本を読むを何とか持続中です。 さてさて、5月は4月に続いて Steinbeck の「Cannery Row」を読みました。 なぜなら、家にあったから。 私たちも何度も訪れたことのある場所、モントレーが舞台です。 今回のストーリーはそんなに悲しくもなく、読みやすかった気がします。
d0118552_14344634.jpg
まだまだ私の読んでいない英語の本がありますが、今月は何を読もうかな~。
[PR]
by shiningstar-t | 2011-06-05 14:33 |

Of Mice and Men

桜祭りから早めに帰り、今月の本の続きを読み終えました。
今月は John Steinbeck の 「of mice and men」

d0118552_937934.jpg
調べてみたら映画にもなっているようですね。
作者はカリフォルニアの人で、この本の中にも馴染みのある土地の名前が出てきます。
JohnSteinbeckはノーベル賞も貰ってる凄い人なんですね~。 

今月は夫お勧めのJonh Steinbeck. お勧めだけあって、凄く心に残る1冊。 でも、凄く悲しいお話でした。
[PR]
by shiningstar-t | 2011-05-01 09:33 |

月1冊英語の本

今日読み終わりました、3月分・・・。 10日間遅れです~(泣)
だってだって、日本語の本をつい手に取っちゃうんだもの~。

今日読み終わったのは Michael Connelly の「The Narrows」です。 d0118552_1534464.jpg 


  今月分はもう少しページ数が少ないのにして見ます。 日本語の本も読みたいので(笑)
[PR]
by shiningstar-t | 2011-04-11 15:35 |

娘のお気に入り

d0118552_15345766.jpg
 最近読書の他に気に入ってっているもの。 MadLibs。 
d0118552_1536588.jpg
 文章を読まないで、名詞・形容詞・動詞などを言ってもらって出来上がった変な文章を読んで笑うと言うもの。 娘と私たちで結構楽しんでいます。 娘の年齢には難しい単語も出てきますが、楽しく、計らずともお勉強にもなります♪
[PR]
by shiningstar-t | 2011-01-30 15:32 |

読書

 年末に友人Mさんが数冊の本を貸してくれた。 そして数冊の本をくれた。 昨年は本に恵まれた年だったなあ。 沢山の本を日本へ引っ越して行った友人に貰ったし、日本へ行った時には沢山買った。 読みたい本、お気に入りの本が沢山あるのはとても幸せ003.gif

 1月はMさんに借りた本を読みきった。
    
まずは、「1ポンドの悲しみ」  石井衣良
 
 初めて読む作家。 短編10話が集録されていて、感想は読みやすく、ストーリーも登場人物たちも爽やかな感じ。 30代のラブストーリーなので自然にストーリーにも入り込める。 不幸な話とか、裏切りとか、どろどろしていなくて、読み終わった後の余韻も暖かく気持ちが良い。 

    「夜のピクニック」  恩田陸

  この作家は最近気になっていた。 数冊読んで、日本へ行った時も彼女の本を数冊買った。  この本も期待を裏切ることなく面白かった。 


    「ロミオとロミオは永遠に」上・下  恩田陸

   う~ん。 私はあまりSFファンではないらしい。 設定は面白い。 けれど、主人公が14・5歳の男の子達だからか、あまりストーリーに引き込まれることは無かったなあ。 でも、「夜のピクニック」は高校生のお話でも面白かったしなあ・・・。


    「まひるの 月を 追いかけて」  恩田陸
  
   この話はちょっと他の本とは違った意味で興味を持った。 というのも、故郷である奈良が舞台だから。 登場してくるお寺や古墳なんかは行った事があるものが多い。 が、詳しい事はホトンド知らない。 今度日本へ行く時はちょっと寺めぐりしてみようかなあ、なんて思ったりして。 飛鳥の石舞台の方とか、歩くか自転車で散策してみたい気がする。 したこと無いからね、そういうこと。 あれ、学校から行った事あったっけ? 記憶も曖昧だ~。






  
  
[PR]
by shiningstar-t | 2009-02-05 15:39 |